タグ:XC50-230 ( 7 ) タグの人気記事

菜の花畑でロケーション撮影

今回の撮影はモデルの宮下菜美ちゃん。菜美ちゃんからのリクエストは「菜の花畑で撮りた~い♪」 なんたって菜美ちゃんの「菜」は菜の花の「菜」ですからね~♪ ということで、撮影場所をいろいろと模索した結果、安曇野スイス村の前にある菜の花畑で撮影することに。5年ほど前に行ったときは4月中旬で満開だったので、今回も日程を調整し、撮影当日は見事満開でした。

菜の花の中に入っての撮影だと、まさに黄色いレフに囲まれているようなもんで、モデルさんの肌も黄色カブリしてしまうため、ストロボを使用することにしました。持ち込んだのは中華製クリップオンストロボでは定評のあるYONGNUO YN560-III+GamiLight Square43。これををマンフロットのナノスタンドに取り付けてモデルさんの斜め正面にセット。カメラとの通信にはRF-603IIを使いました。これってNikon用ですが、フジのXシリーズでも問題なく動作してくれます。ちなみに旧型のRF-603ではシンクロ電圧の関係で動作しません。

RF-603IIは2個セット売りですが、YN560-IIIはラジオスレーブの受信機を内蔵していて単体で発光するため、2個のRF-603IIを両方とも送信機としてX-T1とX-E1にそれぞれ装着し、1台のYN560-IIIを共用で使用できるため、非常に便利です。

a0191069_148212.jpg
この日は太陽ギラギラの晴天でしたが、1/4~1/8の発光で何とか自然な感じに撮ることができました。モデルさんの帽子のツバが大きくて、ポージングによってはストロボを遮ってしまったりというのもありましたが・・・

a0191069_1481930.jpg
機材はX-T1 & X-E1+XC50-230という組み合わせ。モデルさんからは7~8mほど離れたところから狙っているため、モデルさんの表情をとらえるのが難しく、目瞑りとか変顔をたくさん撮ってしまいましたが、楽しい撮影でした(^^)

a0191069_1482412.jpg










写真(全般) ブログランキングへ

↑↑↑ ランキングに参加中です! よろしければ、クリックお願いします。
[PR]
by hnphoto | 2014-04-29 14:19 | Portrait

フローラルガーデンおぶせで花を撮る

朝からの雪が雨に変わったが、シトシトと降り続くあいにくの天気。午後の予定が空いていたので小布施町にあるフローラルガーデンおぶせへ足を運んだ。

受付に行くと「今日は週末から始まる展示に向けて、園内準備作業中なので入園料は無料で結構です」とのこと。

園内(大きなビニールハウス)は確かに雑然としていて、これまで見てきたどの植物園よりも見劣りする(笑)
早速カメラを取り出すと、園内の湿気でレンズが一気に曇った。ここで慌てて拭くと水滴になって拭き残りになってしまうため、慌てずに自然にクモリが取れるまでユックリと待つ。

園内は至る所に紺色の布が敷かれ、その上に植物の鉢が置かれているのだが、この敷物がクセ者で、フレーミングの中にこの紺色が入るとスッゴク邪魔で、すべてが台無しになってしまうのだ。なので極力画面に入らないように慎重にカメラを構える。

取り始めて気がついたのだが、園内には植物の名称を記したラベルがほとんどないんです。花の名前に疎い私にとっては名前の分かる植物は皆無に等しく、何も分からないまま目にとまった花の写真を撮るだけの作業になってしまいました(°°;)


アーチ状のベンチに色とりどりの花が敷き詰められてキレイでした。
a0191069_1115894.jpg
■ FUJI X-E1 + Carl Zeiss Jena Flektogon 2.8/35 / F5.6 1/60 ISO200 ■


これは鉢に「マーガレット」と書いてありました(笑)
a0191069_11154100.jpg
■ FUJI X-E1 + Carl Zeiss Jena Flektogon 2.8/35 / F4 1/150 ISO400 ■


シダの仲間でしょうか?
a0191069_1115036.jpg
■ FUJI X-E1 + Carl Zeiss Jena Flektogon 2.8/35 / F4 1/56 ISO200 ■


新しく芽吹いた新緑の若葉がキレイですね
a0191069_12164560.jpg
■ FUJI X-E1 + Carl Zeiss Jena Flektogon 2.8/35 / F5.6 1/40 ISO200 ■


緑の絨毯に紫の花(葉?)が箱庭のように敷き詰められてました。
a0191069_1114175.jpg
■ FUJI X-E1 + Carl Zeiss Jena Flektogon 2.8/35 / F5.6 1/30 ISO200 ■


奥にチョットだけ見えるのがクセ者である紺色の敷物です(°°;)
a0191069_1113718.jpg
■ FUJI X-E1 + Carl Zeiss Jena Flektogon 2.8/35 / F4 1/30 ISO200 ■


天井から漏れる木漏れ日をぼかしてみました。このレンズはF4くらいのボケがキレイですね。
a0191069_1113311.jpg
■ FUJI X-E1 + Carl Zeiss Jena Flektogon 2.8/35 / F4 1/180 ISO400 ■


これはヤシの一種でしょうね。
a0191069_111294.jpg
■ FUJI X-E1 + Carl Zeiss Jena Flektogon 2.8/35 / F4 1/80 ISO200 ■


天井からピンク色の花がたくさん咲いていたので、レンズを換えてみたところ、園内の湿気でレンズが曇ってきたので、そのままソフト効果を狙って撮影してみました。
a0191069_111252.jpg
■ FUJI X-E1 + XC55-200 / F6.7 1/30 ISO1000 -1/3 ■


ちなみにレンズの曇りが取れるとこんな感じでフジノンらしくシャープに写ります。
a0191069_1112045.jpg
■ FUJI X-E1 + XC55-200 / F6.7 1/30 ISO1000 -2/3 ■




写真(全般) ブログランキングへ

↑↑↑ ランキングに参加中です! よろしければ、クリックお願いします。
[PR]
by hnphoto | 2014-03-06 11:27 | Snap

XシリーズはRAW+JPEG

富士のXシリーズは素晴らしいJPEG画像を生成してくれるので、記録モードはRAW+JPEGに設定してます。D800などでは、このモードにすると記録容量の関係から撮影時にバッファが一杯になりイライラすることが多々あるためRAWのみですが、ほとんど連写をしないXシリーズでは全く問題ありませんね。

普段は本体が生成してくれるJPEGデータを使うことが多いのですが、自然の作り出す一瞬を切り取る場合、JPEGに頼って設定をいじっている間にチャンスを逃してしまうこともあるので、そんな時にはRAWデータを活用します。

先日の冬の寒空を撮った際にも、陽が傾き初めて刻々と変化していく空にカメラを向けた際に、色温度やフィルムモードなどをイメージに近づけている余裕は全くなく、最低限の構図と露出、フォーカスのみを調整して撮影し、わずか1分ほどで空の雰囲気も変わってしまいました。

撮影したデータをPCに取り込み、LR5で色温度とコントラスト、彩度を微調整して、何とかイメージに近い寒々しい空」に仕上がりました。
a0191069_10455226.jpg
■ FUJI X-E1 + XC50-230 / F8 1/680 ISO200 ■

LR5がXシリーズに対応してくれたのはホントにありがたいことなのですが、あれだけ豊富なラインアップを誇るフジノンレンズの補正データがひとつもないってのはアドビさんの怠慢なのでしょうか?



写真(全般) ブログランキングへ

↑↑↑ ランキングに参加中です! よろしければ、クリックお願いします。
[PR]
by hnphoto | 2014-02-21 11:07 | Snap

大雪の週末

関東では2週続けて週末に大雪警報が出るという異常気象。雪国に属する長野では、今年は雪が少ないというのが実感ですが、今週末はドカ雪となり各地で気象記録が更新されているみたいです。

朝から家の周りの雪掻きに追われ、昼前には平成18年豪雪以来、8年ぶりとなる屋根の雪下ろしも出動しました。

午後になって雪が少し小ぶりになったので、カメラを持って外に出てみたけど、道路脇に積まれた大量の圧雪とツルツルの路面に行く手を阻まれて、早々に退散してきました(°°;)
a0191069_16451897.jpg
■ FUJI X-E1 + XC50-230 ■



写真(全般) ブログランキングへ

↑↑↑ ランキングに参加中です! よろしければ、クリックお願いします。
[PR]
by hnphoto | 2014-02-15 16:48 | Snap

雪景色

昨日は関東地方では大雪で、東京23区にも13年ぶりに大雪警報が発表されるなど、大混乱だったらしい。我々のように「山岳地域」に住む者にとっては日常茶飯事の気象現象だが、住民の備えやインフラが整備されていない地域では、まさにパニックだろう。

関東が大雪に見舞われている頃、この辺でも雪がシンシンと降っていたが、それでも夜半には止んだため、今朝の積雪は50cm程度。まぁ長靴がすっぽり埋まってしまうほどの積雪なので、長靴の上にスノーカバーを付けて家の外に出てみます。


庭も一面の銀世界で、枯れたアジサイの花が一部だけ顔を出してました。
a0191069_14285990.jpg
■ FUJI X-E1 + XC50-230 / F7.1 1/1500 ISO400 ■


これだけ積もると、もはや庭を歩いて縦断するのはかなり厳しいので、雪と風が作り上げた模様がキレイに残っています。
a0191069_14285762.jpg
■ FUJI X-E1 + XC50-230 / F9 1/2400 ISO400 ■


隣にあるリンゴ畑もすっぽりと雪に包まれて、枝に付いた花芽もじっと春が来るのを待ってます。
a0191069_14285055.jpg
■ FUJI X-E1 + XF18-55 / F7.1 1/1400 ISO400 ■









写真(全般) ブログランキングへ

↑↑↑ ランキングに参加中です! よろしければ、クリックお願いします。
[PR]
by hnphoto | 2014-02-09 14:47 | Snap

XC50-230mmF4.5-6.7 OIS で撮ってみた

先日届いたXC50-230mmF4.5-6.7 OISをX-E1に装着し、車に積み込んで買い物へ。
ヤフオクで落札された商品を発送したり、100均で撮影用小物の材料を調達した後に、近所の小学校のグラウンド近くに車を駐めて何枚か撮ってみる。

グラウンドの整地の跡が幾何学模様みたいだったので、望遠端の230mmで圧縮効果を狙ってみた。バックネットがちょっと邪魔だったけど向こう側には行けなかったので...
a0191069_12475399.jpg


ちょっと歩くと原っぱの枯れ草が陽の光を浴びてキラキラしてたので、ススキの穂にピンを合わせてみたが、AFはモッサリした感じでなかなか合焦しない。フォーカスエリアは最も精度の高いと思われる中央の1点のみにしているが、これはX-E1の性能によるものだと思われる。
a0191069_1248327.jpg
いつものようにマニュアルでピンを調整して何枚か撮ってみる。この日は風があって、ススキの穂がなかなか止まってくれないので、何枚か連続で撮影したが、X-E1は記録メディアへの書き込み中はフォーカスエリアの拡大が機能しないことが分かった。ファームウェアで改善して欲しいものである。


近くにあった枯れ枝を撮ってみた。中央部の解像感はなかなか素晴らしく、とてもキット用の廉価版ズームレンズとは思えない描写だ。
a0191069_1326086.jpg
開放ではなくF8まで絞っているので、周辺部もそこそこ解像しているみたいだ。それにボケもクセがなくて良い感じだ。


近くに花のような鮮やかな被写体が皆無だったので、仕方なく雪から顔を出したオオバコなんぞを撮ってみる。
a0191069_12475736.jpg


春が待ち遠しいなぁ...



写真(全般) ブログランキングへ

↑↑↑ ランキングに参加中です! よろしければ、クリックお願いします。
[PR]
by hnphoto | 2014-02-08 13:39 | Snap

XC50-230mmF4.5-6.7 OIS

Xマウントの望遠ズームを購入するにあたり、当初はXF55-200しか頭になかったのですが、X-T1も視野に入れた資金繰りをする上で、ちょっと予算的に厳しくなってしまい、そこで目を付けたのが廉価版の望遠ズームXC50-230。

価格.comで比較するとXF55-200の56k円に対してXCは36k円程度なので、かなり安く購入できます。それでも20k円程度の差なら、思い切って55-200にした方が・・・ 細かい仕様の違いをを比較してみると以下のようになります。
a0191069_9125718.jpg











型番XF55-200mmF3.5-4.8 R LM OISXC50-230mmF4.5-6.7 OISComment
レンズ構成10群14枚
(非球面レンズ1枚、異常分散レンズ2枚)
10群13枚
(非球面レンズ1枚、異常分散レンズ1枚)
XFの方には異常分散レンズが1枚多く入ってます
焦点距離f=55 - 200mm
(35mm判換算:84 - 305mm相当)
f=50 - 230mm
(35mm判換算:76 - 350mm相当)
XCの方が有利。テレ側の30mmは効果大きそうです
最大口径比(開放絞り)F3.5 - F4.8F4.5 - F6.7XCの方がワイド端で2絞り、テレ端で3絞りほど暗くなります。XFのテレ端4.8は魅力ですね
絞り形式羽根枚数
7枚(円形絞り)
ステップ段差
1/3ステップ(全17段)
羽根枚数
7枚(円形絞り)
ステップ段差
1/3ステップ(全15段)
撮影距離範囲標準
1.1m - ∞(ズーム全域)
マクロ
1.1m - 3m (ズーム全域)
標準
1.1m - ∞(ズーム全域)
マクロ
1.1m~3m
最大撮影倍率0.18倍(テレ端)0.2倍(テレ端)XCの方が有利
外形寸法:最大径×長さ(約)
ø75mm×118mm(ワイド端)/177mm(テレ端)ø69.5mm×111mm(ワイド端)/177mm(テレ端)収納寸法はXCの方が一回り小さいです
質量(約)
580g375gXCのプラ製に対してXFは金属製の鏡筒を採用しているため200g程度の増になります
フィルター径ø62mmø58mm


外観上では絞りリングや手ぶれ補正SWの有無や鏡筒の質感などがありますが、ポイントになるのは、やはり開放絞り値。ワイド端の2絞りは大きな問題にはなりませんが、テレ端の差はかなり大きいので、やっぱ無理してでもXF55-200の方かなぁ・・・ 

そんな時にAmazonプライムで見かけたのが24.2k円という驚きのプライス。シルバーで新品・保証書付き・箱なしという条件。XF55-200の半額以下という価格で、気持ちは一気にXC50-230に傾いていきました。

でもブラックなら即買いだったけどシルバーしかないみたいなんです。気になったので色々と調べてみると、その安さの理由が分かりました。

a0191069_9125126.jpg
Amazonプライムで売られていたのは、X-A1のWズームレンズキットに入っていたXC50-230だったんですね。X-A1のレンズキットが約50k円なのに対しWズームレンズキットは約53k円なので、差額は3,000円程度。てことは3,000円以上で売却できれば儲かっちゃうってことです。シルバーしかなかったのはX-A1のレンズキットはすべてシルバーだけだからなんですね。

からくりが分かっちゃったので、X-A1のWズームレンズキットを買って、X-A1とXC16-50をヤフオクで売却することも考えましたが、面倒くさいので、XC50-230単品を23k円でゲットしました(^^)
a0191069_155144.jpg


レンズは思った以上に小さくて軽いです。鏡筒はシルバーですが、ズームリングとレンズフードがブラックで、X-E1もブラックなので、いわゆるパンダカラーになってしまいました(°°;)
a0191069_1545843.jpg


X-E1にXF55-200を装着すると、かなりレンズヘビーになるみたいですが、XC50-230はX-E1との重量バランスも非常に良くて使いやすそうです。早速外に出て試写でも・・・と思ったのですが、先日からの大寒波に加えて今日は雪も舞っているので、明日にでも試写してみたいと思います。



写真(全般) ブログランキングへ

↑↑↑ ランキングに参加中です! よろしければ、クリックお願いします。
[PR]
by hnphoto | 2014-02-06 15:41 | Equipment


長野市在住の駆け出しカメラマン仁部英樹のフォトダイアリーです。撮影や機材のことを中心に、興味がある商品や欲しいものなどについて書いています。撮影のご依頼は下段のリンク集よりご連絡をお願いします。


by hnphoto

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
Photo
Works
Portrait
Snap
Equipment
Memo
apple
Pet
Daily
未分類

タグ

フォロー中のブログ

from our Dia...
ヒカリチュウドク
ぽげろぐ
のんたんのデジタルな風景
Ever Green
プラハなchihua**hua
 アルビレオの 雑記帳
日常の風景のなかに++
写真家 海老原 勇人
おれのほそ道
*Monochrome+...
猿画堂撮影機材室
- 光景彡z工房 - ◇...
ライフノート
写真家・相原正明のつれづ...
ドローンと一緒・okoの...
day after day
モダンティーク
blackeyes ph...
DIGITAL PHOT...
Yoshi-A の写真の...
day by day
foto sérénade
恋するファインダー / ...
エクランの撮影日記
slow life-annex
ドラマチックカメラ
ぴーたんの美味しい毎日 ...
BOSO写真家 重田 吉...
フォトグラファー上田晃司の日記
プラハExpression
薄れかけた記憶はボクのタ...
【旧】写真とカメラとレン...
ego.
下手の横好き
HarQ Photogr...
旅先の風景
shindoのブログ
Final Impres...
39medaka
広島HDRじゃけぇ!
Capu-photo D...
Ryo,Onodera ...
addict to ASUKA
福岡ぼちぼちフォトライフ2
Fresh Breeze
新・電脳物欲王
日々!
ASPHERICAL W...
徒然なるままに
Colors of Se...
ハルの写真通信

リンク集

以前の記事

2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月

検索

ライフログ


カールツァイス Touit 2.8/50M(FUJIFILM Xマウント)


FUJIFILM フジノンXFレンズ F XF56MMF1.2 R


FUJIFILM フジノンXFズームレンズ XF55-200mmF3.5-4.8RLMOIS


FUJIFILM デジタルカメラ X100S 1630万画素 F FX-X100S


FUJIFILM テレコンバージョンレンズ TCL-X100S シルバー


FUJIFILM フジノンズームレンズ XF10-24mmF4 R OIS


FUJIFILM XFレンズ FUJINON F XF23mmF1.4R 単焦点 広角


OLYMPUS デジタルカメラ STYLUS 1 28-300mm 全域F2.8 光学10.7倍ズーム ブラック STYLUS-1 BLK


SIGMA デジタルカメラ DP3Merrill 4600万画素 FoveonX3ダイレクトイメージセンサー F2.8


Godox V850 リチウム電池内置 スピードライト リチウムイオンカメラフラッシュ


Godox AD-360セット Speedlight デジタル一眼レフ用 フラッシュ・ストロボ 360WS 高出力、スピードライト!


作って楽しむ信州の保存食


作って楽しむ信州の漬物〔増補改訂版〕

その他のジャンル

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

最新の記事

RX100の不具合
at 2014-07-30 13:49
Fitbit Zipを購入
at 2014-06-17 08:53
E7系
at 2014-05-25 21:06
Lunch Time
at 2014-05-04 20:06
オールドレンズの描写
at 2014-05-03 16:27

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

写真家
カメラ

画像一覧