タグ:X-T1 ( 8 ) タグの人気記事

Lunch Time

昔から撮影中はめったに食事をしないんです。食べたとしてもコンビニのおにぎりとかスイーツ程度。撮影に集中している時ってお腹がすかないんですよね(°°;) でも今回の撮影では珍しくお腹がすいたので、モデルの菜美ちゃんと一緒にランチ♪ たまにはこんなゆったりとした時間を過ごすのも良いもんですね(^^)

a0191069_19591896.jpg
■ FUJI X-T1 + XF35/1.4 / F1.4 1/950 ISO200 ■




写真(全般) ブログランキングへ

↑↑↑ ランキングに参加中です! よろしければ、クリックお願いします。
[PR]
by hnphoto | 2014-05-04 20:06 | Portrait

オールドレンズの描写

過去に愛用していたα77やXシリーズのようなEVF仕様のカメラはオールドレンズを使うのに適してますね。なんといってもEVFでフォーカスエリアの拡大や露出補正の結果もリアルタイムで確認できるため、花などのマクロ撮影や、動きの少ないポートレートでは最新のAFレンズと違和感なく撮影することができます。

今回も松本でのポートレート撮影でも、純正レンズに加えて旭光学のSMC TAKUMAR 50mm F1.4(M42マウント)を使用しました。理由は純正の標準レンズを持っていないからなんですけどね(笑)

使ってみた感じは、条件さえ良ければ結構使えるなぁ・・・って感じですね。撮って出しのJPEGだとちょっとアンバー被りがあるかなって感じですが、LR5で処理すればそれほど問題にはなりませんね。
a0191069_16133980.jpg
これは快晴の公園で木漏れ日の差す木陰で撮影したもので、絞り開放F1.4です。

a0191069_16141165.jpg
顔の部分を拡大してみると、肌の質感や唇のシズル感もそこそこ描写されててボケも柔らかくて良い感じ。とても何十年も前のレンズとは思えませんでした。

さすがに最新のコーティングが施された純正レンズと比べると、逆光性能や解像感は見劣りしますが、条件さえ良ければそこそこ使えそうです。



写真(全般) ブログランキングへ

↑↑↑ ランキングに参加中です! よろしければ、クリックお願いします。
[PR]
by hnphoto | 2014-05-03 16:27 | Portrait

菜の花畑でロケーション撮影

今回の撮影はモデルの宮下菜美ちゃん。菜美ちゃんからのリクエストは「菜の花畑で撮りた~い♪」 なんたって菜美ちゃんの「菜」は菜の花の「菜」ですからね~♪ ということで、撮影場所をいろいろと模索した結果、安曇野スイス村の前にある菜の花畑で撮影することに。5年ほど前に行ったときは4月中旬で満開だったので、今回も日程を調整し、撮影当日は見事満開でした。

菜の花の中に入っての撮影だと、まさに黄色いレフに囲まれているようなもんで、モデルさんの肌も黄色カブリしてしまうため、ストロボを使用することにしました。持ち込んだのは中華製クリップオンストロボでは定評のあるYONGNUO YN560-III+GamiLight Square43。これををマンフロットのナノスタンドに取り付けてモデルさんの斜め正面にセット。カメラとの通信にはRF-603IIを使いました。これってNikon用ですが、フジのXシリーズでも問題なく動作してくれます。ちなみに旧型のRF-603ではシンクロ電圧の関係で動作しません。

RF-603IIは2個セット売りですが、YN560-IIIはラジオスレーブの受信機を内蔵していて単体で発光するため、2個のRF-603IIを両方とも送信機としてX-T1とX-E1にそれぞれ装着し、1台のYN560-IIIを共用で使用できるため、非常に便利です。

a0191069_148212.jpg
この日は太陽ギラギラの晴天でしたが、1/4~1/8の発光で何とか自然な感じに撮ることができました。モデルさんの帽子のツバが大きくて、ポージングによってはストロボを遮ってしまったりというのもありましたが・・・

a0191069_1481930.jpg
機材はX-T1 & X-E1+XC50-230という組み合わせ。モデルさんからは7~8mほど離れたところから狙っているため、モデルさんの表情をとらえるのが難しく、目瞑りとか変顔をたくさん撮ってしまいましたが、楽しい撮影でした(^^)

a0191069_1482412.jpg










写真(全般) ブログランキングへ

↑↑↑ ランキングに参加中です! よろしければ、クリックお願いします。
[PR]
by hnphoto | 2014-04-29 14:19 | Portrait

この時期の外撮りは気持ちいい♪

久しぶりに松本市内で撮影をしました。今回モデルを引き受けてくれたのは、キュートなイメージのちづるちゃん。ちょっと弱々しくておとなしいイメージを描いていたのですが、撮影を始めると明るく元気イッパイで、描いていたイメージとはまるで別人(笑) ポージングや表情も豊かで、こちらからの簡単な指示だけで色々と応えてくれるので、すっごく撮りやすいモデルさんでした(^^)
a0191069_21563337.jpg

ロケは6時間ほどでしたが、あまりガツガツとした撮影ではなく、半分くらいはお話してたかも(笑)お互いの撮ってみたいイメージも膨らんできたので、次回の撮影が楽しみになりました。

撮影のシメは一風堂。温かいラーメンで心もお腹も満たされました(^^)



写真(全般) ブログランキングへ

↑↑↑ ランキングに参加中です! よろしければ、クリックお願いします。
[PR]
by hnphoto | 2014-04-18 22:13 | Portrait

サクラ咲く

昨日、長野市でもサクラの開花宣言がありました。昨年よりも5日遅いらしいです。
この辺では浅川小学校にある桜が咲いたあとに児童センター、長野市霊園と続き、私の住む台ヶ窪地区にあるしだれ桜が咲くのはGWが終わってからになります。

今日から浅川小学校の体育館で、子供自転車クラブの練習が始まりましたので、私も交通安全協会の一員として指導に当たることになります。

クランド脇にある桜が1本だけ咲き始めてました(^^)
a0191069_21571642.jpg



こちらは長野市霊園へ向かう途中に咲いていた山桜です。
a0191069_21571099.jpg





写真(全般) ブログランキングへ

↑↑↑ ランキングに参加中です! よろしければ、クリックお願いします。
[PR]
by hnphoto | 2014-04-12 22:00 | Snap

Xシリーズを作品撮りに使ってみた(操作編)

ポートレートの作品撮りは、5D MarkII + EOS 7Dという組み合わせで、ほぼ期待通りの作品が撮れていた。昨年のマウント変更以降はD800 + D7100という組み合わせで何度か撮影を行ってきましたが、液晶の色かぶりや何となく色乗りの良くないノッペリとした画像、等々の不満があり撮影に集中できないモヤモヤ感があったので、今回はXシリーズを実戦投入してみました。


用意したのはX-T1 + XF35/1.4とX-E1 + XF18-55の2台。これ以外にもマウントアダプター経由で使える単焦点レンズを何本か用意しましたが、実際の撮影はこの2本しか使用しませんでした。


EVFによるポートレート撮影は、α77でも何度か経験があるので、Xシリーズを使うことによる違和感はありませんが、撮影のたびにEVFに撮影画像が表示されるとリズムが狂ってしまうので、あらかじめ[表示設定]で撮影画像表示をOFFにしておきました。

a0191069_15301737.jpg
■ FUJI X-T1 + XF35/1.4 / F1.4 1/300 ISO200 ■


Canonがメイン機材だった頃からピント合わせは「親指AF」を愛用してきましたが、XシリーズにはシャッターボタンからAF機能を取り除く設定がないため、苦肉の策としてマニュアルフォーカスモードに設定し、AF-LボタンでAFを行いピントリングで微調整という裏技を使ってます(過去記事参照


この親指AFにFOCUS ASSISTボタンによる拡大表示、さらにX-T1では「最高峰のEVF」との評価も高い高精細で大型のEVFにより、撮影自体は非常に楽になりましたが、ここで問題になってくるのが、それらの操作性なんですね。


そもそも2012年11月に発売されたX-E1から1年3ヶ月後の2014年2月に発売されたX-T1との間には細かい仕様の違いがあります。本来であれば、仕様の違う2台の機材を混在して使うというのは、現場では本来タブーなんですよね(°°;) まぁX-T1の2台体制にするような資金もないので、なんとか使いこなすしかないのですが、風景やスナップ写真と違ってポートレートの場合はモデルさんのポージングに合わせてピン位置の微調整が必要になってくるので、操作性は非常に大きな問題になってきます。


とりあえず新モデルであるX-T1を基準に問題点を挙げると以下のようになります。

■X-T1ではフォーカスリングに触れると自動的に拡大表示モードになるが、X-E1では×
■ X-T1ではフォーカスエリア設定にリセット機能がない(X-E1では[OK]ボタンで中央に戻る)
■ どちらもフォーカスエリアのセレクト後に[OK]ボタンかシャッター半押しによる確定が必要
■ X-T1のボタン類が小さすぎて、しかも出っ張りも少ないためカメラを構えたままでの操作は不可能
■ X-T1のセレクターボタンの設計は最悪。X-E1と同じ仕様に戻して欲しい
■ Qボタン(クイックメニュー)からWBをカスタムや色温度をセレクトできるが、細かな変更はメニュー画面かFnボタンからしかできない
■ ISOブラケットは露出やシャッタースピードを固定したまま明るさの異なるカットが撮影できて非常に便利なのですが、JPEG記録のみ。なぜRAWで記録されないの?
■ ファインダーのアイカップが小さすぎて太陽光線の入り込みで見づらいことが多々あり。アクセサリー等によるバリエーションが欲しい
■ 三脚固定ネジってなんであんな邪魔なところに付いてるの。光軸上が基本だと思いますが・・・



てな感じで操作や使用上の不満は大量にあります。使ってみて感じるのは、「Xシリーズを設計している富士フィルムのエンジニアは写真をあまり撮らないんだろうなぁ・・・」てことに尽きますね。実際に操作してみれば、Xシリーズ間での操作方法の違いやボタンの押しにくさなどは「要改善」であることが分かると思います。「防塵・防滴・耐低温-10℃」とかアピールしてますが、手袋して操作できるのはシャッターボタンだけ。その他のボタンは手袋した状態ではほとんど操作できないです。


AFのフォーカスエリアに関しては要改善ですね。EOS 7Dでは縦位置と横位置で別々にAFフレームの登録ができます。またオリンパスでは[瞳検出AF]なる新機能も搭載されてます。まだまだ荒削りですが、ユーザーの希望を取り入れた前向きな機能であることは事実なので、富士フィルムさんもユーザーの意見をどんどん取り入れて製品設計に反映して欲しいですね。


ハード面であるボタンの大きさや操作性を改善するのは次のモデルからになりますが、少なくともファームウェアで改善できる部分に関しては、旧モデルも含めて少しでも操作に統一感ができるように改善してもらえることを切に願っております。

a0191069_15301082.jpg
■ FUJI X-T1 + XF35/1.4 / F1.8 1/210 ISO200 ■

a0191069_1530382.jpg
■ FUJI X-T1 + XF35/1.4 / F1.8 1/70 ISO200 ■






写真(全般) ブログランキングへ

↑↑↑ ランキングに参加中です! よろしければ、クリックお願いします。
[PR]
by hnphoto | 2014-04-04 15:41 | Portrait

FUJI X-T1

予告通り、先日の昼過ぎにFUJI X-T1が発表になりました。
a0191069_935172.png

富士フイルムの公式サイトで先行して公開された写真よりも、だいぶカメラっぽくて(笑)カッコイイですね♪


軍幹部は大きめのダイヤルが3つ鎮座していて、まさに精密機械の操作部って感じです。
a0191069_935414.jpg

アナログ感とレトロっぽいイメージを追求したデザインなんでしょうけど、ファインダー左のISOダイヤルについてはあまり必要じゃないような気もします。


ボディはX-E2とほぼ同じ大きさで、グリップした写真を見ると「チョット小さすぎかな?」って印象も受けますが、このあたりは実物を手に取ってみないと何とも言えませんね。
a0191069_9354269.jpg

それにしてもAPS-Cの一眼レフスタイルに大型EVFや防塵防滴をX-E2程度の大きさに詰め込んでしまったというのは驚きです!!


SPECに関しては、先に発売されたX-E2を含めて、富士フイルムとして「Xシリーズの良いところを全部集めた全部入り」ともいえる、現時点で文句の付け所が見当たらないカメラになってます。

2/15発売で、価格は当初、ボディで18万円程度という情報が飛び交っていましたが、カメラ量販店各社の初値は15万円ほどで、ポイントを加味すると13万円台なので、思い切り手が届いちゃうところにあります。

まぁ、発売直後に飛びつくことはないと思いますが、これでX-E2購入という選択肢は全くなくなりましたね。
a0191069_9351897.jpg



富士フイルムのXシリーズは、高性能なレンズが比較的安価に入手できるというのが大きなアドバンテージとなってます。X-T1と同時に発表されたXF56mmF1.2 RやXF10-24mmF4 R OISのようなプレミアムレンズが10万円以下で手に入るってのは、CanonやNikonでは考えられませんからね(°°;)
a0191069_10173130.jpg



昨年Canonからマウント変更してシステム構築したNikon Fマウントについては、大判印刷用途のクライアントさんの要求に応えるためには必要ですが、追加でXFマウントシステムを導入するかどうかは、大いに悩ましい問題ですね。



写真(全般) ブログランキングへ

↑ ランキングに参加中です! よろしければ、クリックお願いします。
[PR]
by hnphoto | 2014-01-29 10:18 | Equipment

FUJIFILM X-T1?

1月28日に発表されるという富士フイルムのXシリーズ新製品の画像が、いよいよ富士フイルムのサイトに掲載された。

a0191069_17385752.jpg


今年に入って、富士フイルムの某契約カメラマン経由で製品画像が流出したりで話題にはなっていた。今回ようやく本家からホンモノの画像が発表されたわけだが、小さな1枚の画像以外に何の情報もない。

デジカメinfoなどに寄せられた情報を要約してみると次のような仕様のカメラになるようだ。

・フジカSTに似たデザイン
・一眼レフスタイルのレトロ調のカメラ
・防塵防滴
・チルト可能な液晶モニタを採用
・SDカードスロットはシングルでUHS-II SDカードに対応
・新型EVFは非常に大きく、美しく、リフレッシュレート非常に高い
・連写も劇的に改善。AFトラッキング使用時に8コマ/秒の連写が可能
・AFが高速化
・APS-C X-Trans II
・価格はX-EシリーズとX-Proシリーズの中間

ということだが、先に発売されているX-E2を大幅にしのぐようなスペックでもなく、また今秋のフォトキナで発表されるのではと噂されるX-Pro2に迫るようなカメラでもないような気がする。

デザインもノスタルジックなスタイルでレトロファンを魅了したいのなら、Nikon Dfくらい徹底的にやって欲しいものである。これじゃSONYのα7みたいで、あまり好きなデザインではないなぁ・・・ R-D1やX-E1のように、このカメラを持ち出したいという気にはなれそうもない。

まぁ、市場に出て実際に手に持って操作してみないと、製品の善し悪しは判断できないので、暖かくなる頃には欲しくなってるのかもしれませんが・・・

ところで、最近ではレトロ調を狙ったデジカメが各社から製品化されているが、そのなかでデザイン面でも性能面でも成功しているのは、オリンパスのOM-DシリーズとNikon Dfだけじゃないのかな?

昨年までのトレンドは、「フルサイズ一眼」や「ローパスフィルターレス」でしたが、次は「レトロ調」がトレンドになのでしょうか?

人気ブログランキングへ
もしよろしければ、クリックお願いします。
[PR]
by hnphoto | 2014-01-20 14:19 | Works


長野市在住の駆け出しカメラマン仁部英樹のフォトダイアリーです。撮影や機材のことを中心に、興味がある商品や欲しいものなどについて書いています。撮影のご依頼は下段のリンク集よりご連絡をお願いします。


by hnphoto

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
Photo
Works
Portrait
Snap
Equipment
Memo
apple
Pet
Daily
未分類

タグ

フォロー中のブログ

from our Dia...
ヒカリチュウドク
ぽげろぐ
のんたんのデジタルな風景
Ever Green
プラハなchihua**hua
 アルビレオの 雑記帳
日常の風景のなかに++
写真家 海老原 勇人
おれのほそ道
*Monochrome+...
猿画堂撮影機材室
- 光景彡z工房 - ◇...
ライフノート
写真家・相原正明のつれづ...
ドローンと一緒・okoの...
day after day
モダンティーク
blackeyes ph...
DIGITAL PHOT...
Yoshi-A の写真の...
day by day
foto sérénade
恋するファインダー / ...
エクランの撮影日記
slow life-annex
ドラマチックカメラ
ぴーたんの美味しい毎日 ...
BOSO写真家 重田 吉...
フォトグラファー上田晃司の日記
プラハExpression
薄れかけた記憶はボクのタ...
【旧】写真とカメラとレン...
ego.
下手の横好き
HarQ Photogr...
旅先の風景
shindoのブログ
Final Impres...
39medaka
広島HDRじゃけぇ!
Capu-photo D...
Ryo,Onodera ...
addict to ASUKA
福岡ぼちぼちフォトライフ2
Fresh Breeze
新・電脳物欲王
日々!
ASPHERICAL W...
徒然なるままに
Colors of Se...
ハルの写真通信

リンク集

以前の記事

2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月

検索

ライフログ


カールツァイス Touit 2.8/50M(FUJIFILM Xマウント)


FUJIFILM フジノンXFレンズ F XF56MMF1.2 R


FUJIFILM フジノンXFズームレンズ XF55-200mmF3.5-4.8RLMOIS


FUJIFILM デジタルカメラ X100S 1630万画素 F FX-X100S


FUJIFILM テレコンバージョンレンズ TCL-X100S シルバー


FUJIFILM フジノンズームレンズ XF10-24mmF4 R OIS


FUJIFILM XFレンズ FUJINON F XF23mmF1.4R 単焦点 広角


OLYMPUS デジタルカメラ STYLUS 1 28-300mm 全域F2.8 光学10.7倍ズーム ブラック STYLUS-1 BLK


SIGMA デジタルカメラ DP3Merrill 4600万画素 FoveonX3ダイレクトイメージセンサー F2.8


Godox V850 リチウム電池内置 スピードライト リチウムイオンカメラフラッシュ


Godox AD-360セット Speedlight デジタル一眼レフ用 フラッシュ・ストロボ 360WS 高出力、スピードライト!


作って楽しむ信州の保存食


作って楽しむ信州の漬物〔増補改訂版〕

その他のジャンル

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

最新の記事

RX100の不具合
at 2014-07-30 13:49
Fitbit Zipを購入
at 2014-06-17 08:53
E7系
at 2014-05-25 21:06
Lunch Time
at 2014-05-04 20:06
オールドレンズの描写
at 2014-05-03 16:27

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

写真家
カメラ

画像一覧