タグ:X-E1 ( 34 ) タグの人気記事

菜の花畑でロケーション撮影

今回の撮影はモデルの宮下菜美ちゃん。菜美ちゃんからのリクエストは「菜の花畑で撮りた~い♪」 なんたって菜美ちゃんの「菜」は菜の花の「菜」ですからね~♪ ということで、撮影場所をいろいろと模索した結果、安曇野スイス村の前にある菜の花畑で撮影することに。5年ほど前に行ったときは4月中旬で満開だったので、今回も日程を調整し、撮影当日は見事満開でした。

菜の花の中に入っての撮影だと、まさに黄色いレフに囲まれているようなもんで、モデルさんの肌も黄色カブリしてしまうため、ストロボを使用することにしました。持ち込んだのは中華製クリップオンストロボでは定評のあるYONGNUO YN560-III+GamiLight Square43。これををマンフロットのナノスタンドに取り付けてモデルさんの斜め正面にセット。カメラとの通信にはRF-603IIを使いました。これってNikon用ですが、フジのXシリーズでも問題なく動作してくれます。ちなみに旧型のRF-603ではシンクロ電圧の関係で動作しません。

RF-603IIは2個セット売りですが、YN560-IIIはラジオスレーブの受信機を内蔵していて単体で発光するため、2個のRF-603IIを両方とも送信機としてX-T1とX-E1にそれぞれ装着し、1台のYN560-IIIを共用で使用できるため、非常に便利です。

a0191069_148212.jpg
この日は太陽ギラギラの晴天でしたが、1/4~1/8の発光で何とか自然な感じに撮ることができました。モデルさんの帽子のツバが大きくて、ポージングによってはストロボを遮ってしまったりというのもありましたが・・・

a0191069_1481930.jpg
機材はX-T1 & X-E1+XC50-230という組み合わせ。モデルさんからは7~8mほど離れたところから狙っているため、モデルさんの表情をとらえるのが難しく、目瞑りとか変顔をたくさん撮ってしまいましたが、楽しい撮影でした(^^)

a0191069_1482412.jpg










写真(全般) ブログランキングへ

↑↑↑ ランキングに参加中です! よろしければ、クリックお願いします。
[PR]
by hnphoto | 2014-04-29 14:19 | Portrait

Xシリーズを作品撮りに使ってみた(操作編)

ポートレートの作品撮りは、5D MarkII + EOS 7Dという組み合わせで、ほぼ期待通りの作品が撮れていた。昨年のマウント変更以降はD800 + D7100という組み合わせで何度か撮影を行ってきましたが、液晶の色かぶりや何となく色乗りの良くないノッペリとした画像、等々の不満があり撮影に集中できないモヤモヤ感があったので、今回はXシリーズを実戦投入してみました。


用意したのはX-T1 + XF35/1.4とX-E1 + XF18-55の2台。これ以外にもマウントアダプター経由で使える単焦点レンズを何本か用意しましたが、実際の撮影はこの2本しか使用しませんでした。


EVFによるポートレート撮影は、α77でも何度か経験があるので、Xシリーズを使うことによる違和感はありませんが、撮影のたびにEVFに撮影画像が表示されるとリズムが狂ってしまうので、あらかじめ[表示設定]で撮影画像表示をOFFにしておきました。

a0191069_15301737.jpg
■ FUJI X-T1 + XF35/1.4 / F1.4 1/300 ISO200 ■


Canonがメイン機材だった頃からピント合わせは「親指AF」を愛用してきましたが、XシリーズにはシャッターボタンからAF機能を取り除く設定がないため、苦肉の策としてマニュアルフォーカスモードに設定し、AF-LボタンでAFを行いピントリングで微調整という裏技を使ってます(過去記事参照


この親指AFにFOCUS ASSISTボタンによる拡大表示、さらにX-T1では「最高峰のEVF」との評価も高い高精細で大型のEVFにより、撮影自体は非常に楽になりましたが、ここで問題になってくるのが、それらの操作性なんですね。


そもそも2012年11月に発売されたX-E1から1年3ヶ月後の2014年2月に発売されたX-T1との間には細かい仕様の違いがあります。本来であれば、仕様の違う2台の機材を混在して使うというのは、現場では本来タブーなんですよね(°°;) まぁX-T1の2台体制にするような資金もないので、なんとか使いこなすしかないのですが、風景やスナップ写真と違ってポートレートの場合はモデルさんのポージングに合わせてピン位置の微調整が必要になってくるので、操作性は非常に大きな問題になってきます。


とりあえず新モデルであるX-T1を基準に問題点を挙げると以下のようになります。

■X-T1ではフォーカスリングに触れると自動的に拡大表示モードになるが、X-E1では×
■ X-T1ではフォーカスエリア設定にリセット機能がない(X-E1では[OK]ボタンで中央に戻る)
■ どちらもフォーカスエリアのセレクト後に[OK]ボタンかシャッター半押しによる確定が必要
■ X-T1のボタン類が小さすぎて、しかも出っ張りも少ないためカメラを構えたままでの操作は不可能
■ X-T1のセレクターボタンの設計は最悪。X-E1と同じ仕様に戻して欲しい
■ Qボタン(クイックメニュー)からWBをカスタムや色温度をセレクトできるが、細かな変更はメニュー画面かFnボタンからしかできない
■ ISOブラケットは露出やシャッタースピードを固定したまま明るさの異なるカットが撮影できて非常に便利なのですが、JPEG記録のみ。なぜRAWで記録されないの?
■ ファインダーのアイカップが小さすぎて太陽光線の入り込みで見づらいことが多々あり。アクセサリー等によるバリエーションが欲しい
■ 三脚固定ネジってなんであんな邪魔なところに付いてるの。光軸上が基本だと思いますが・・・



てな感じで操作や使用上の不満は大量にあります。使ってみて感じるのは、「Xシリーズを設計している富士フィルムのエンジニアは写真をあまり撮らないんだろうなぁ・・・」てことに尽きますね。実際に操作してみれば、Xシリーズ間での操作方法の違いやボタンの押しにくさなどは「要改善」であることが分かると思います。「防塵・防滴・耐低温-10℃」とかアピールしてますが、手袋して操作できるのはシャッターボタンだけ。その他のボタンは手袋した状態ではほとんど操作できないです。


AFのフォーカスエリアに関しては要改善ですね。EOS 7Dでは縦位置と横位置で別々にAFフレームの登録ができます。またオリンパスでは[瞳検出AF]なる新機能も搭載されてます。まだまだ荒削りですが、ユーザーの希望を取り入れた前向きな機能であることは事実なので、富士フィルムさんもユーザーの意見をどんどん取り入れて製品設計に反映して欲しいですね。


ハード面であるボタンの大きさや操作性を改善するのは次のモデルからになりますが、少なくともファームウェアで改善できる部分に関しては、旧モデルも含めて少しでも操作に統一感ができるように改善してもらえることを切に願っております。

a0191069_15301082.jpg
■ FUJI X-T1 + XF35/1.4 / F1.8 1/210 ISO200 ■

a0191069_1530382.jpg
■ FUJI X-T1 + XF35/1.4 / F1.8 1/70 ISO200 ■






写真(全般) ブログランキングへ

↑↑↑ ランキングに参加中です! よろしければ、クリックお願いします。
[PR]
by hnphoto | 2014-04-04 15:41 | Portrait

TAMRON 90/2.5 Macroで花を撮る

関東でも桜の花が咲き始めたみたいですが、ここ長野の山手では、桜の開花は4月中旬以降です。

ようやく雪も解け始めましたが、昨年は3/19に花が咲いた春の訪れを告げる「福寿草」も今年はまだ雪の下で春が来るのをじっと待ってます。

それでも街中のホームセンターに行けば、色とりどりの花が売られており、その中から「オダマキ」の苗を買ってきて最近お気に入りのTAMRON 90mm F2.5マクロで撮影をしてみました。

ウチにあるTAMRON 90mmは開放値F2.5の52BBと呼ばれるマニュアルフォーカスの古いレンズで、マウントはニコンFマウントです。最短距離は39cm、現行品と違って「等倍」ではないため、FOTGAの接写リング16mmを併用して撮影してみました。絞り、シャッタースピードは固定で、ISOにて微調整してます。

a0191069_17424386.jpg
■ FUJI X-E1 + Tamron 2.5/90 Macro / F5.6 1/30 ISO400 ■


a0191069_17424297.jpg
■ FUJI X-E1 + Tamron 2.5/90 Macro / F5.6 1/30 ISO250 ■


a0191069_17422269.jpg
■ FUJI X-E1 + Tamron 2.5/90 Macro / F5.6 1/30 ISO400 ■


a0191069_17424420.jpg
■ FUJI X-E1 + Tamron 2.5/90 Macro / F5.6 1/30 ISO400 ■


a0191069_17422188.jpg
■ FUJI X-E1 + Tamron 2.5/90 Macro / F5.6 1/30 ISO250 ■




写真(全般) ブログランキングへ

↑↑↑ ランキングに参加中です! よろしければ、クリックお願いします。
[PR]
by hnphoto | 2014-03-25 17:54 | Snap

X-E1のLブラケット購入で大失敗

仕事で使うNikonやCanonでは梅本製作所のクイックリリースシステムを使ってますが、それ以外はアルカスイス互換のシステムを使ってます。

NiknやCanonの主力機種については専用のカメラプレートが製品化されてますが、富士フィルムやSIGMA用はほとんどありませんので汎用プレートを使うことになります。

ここで困るのがカメラプレートの固定に使う三脚ネジの位置。前にここでも話題にしたことがあるSONYのα77もそうでしたが、現在愛用中の富士フィルムX-E1もバッテリー挿入部のすぐ隣にあるため、干渉してフタが開かなくなってしまうんです。
a0191069_1324446.jpg


そこでX-E1用のプレートをネットで検索してみると、Lブラケットであれば数社から販売されていることが分かりました。先日、アルカスイス互換システムを導入した際にお世話になったSUNWAYFOTOからもX-E1専用 Lブラケット PFL-XE1がオリエンタルホビーから販売されていて、これを購入することにしました。

ここで素直にオリエンタルホビーに手配すれば良かったのですが、別途送料が掛かるというのが引っかかり、いろいろ検索してたら「セカイモン」というサイトに出品されているのを見つけちゃったんです。送料無料で即決5,392円という価格につられて入札しちゃったんだけど、後から見ると無料なのは現地送料のみで、2次決済料金というのが別途発生するらしい。

しかもセカイモンでは一度落札した商品のキャンセルはできないシステムになっていて、2次決済料は日本の通関を通ってからじゃないといくらになるか分からないんです。落札から待つこと2週間。昨日通関を終え2次決済料金は3,859円とのこと。両方合わせると9,251円ってことは、オリエンタルホビーから買った方が安かったんです(°°;)


先ほどヤマトさんにお金を払い、はるばるイギリスから届いた荷物を受け取りました。
a0191069_1324419.jpg



包みを開けると見慣れたSUNWAYFOTOの箱が出てきました。
a0191069_13243827.jpg



中にはLプレートとグリップ部、ネジ類、アレンキーが3種入ってました。
a0191069_13243556.jpg
イチバン小さいアレンキーはLプレートとグリップの取り付けネジ用で、イチバン大きいアレンキーはカメラ値の取り付けネジ用でしたが、中間サイズの物は使い道がありませんでした。


X-E1に取り付けるとこんな感じです。
a0191069_13243254.jpg
X-E1がもともと大人の手には少し小さめのサイズなため、Lブラケットを付けることによって手にしっくりと馴染んでグリップ製も格段に良くなりました。


が、良く見るとこのLブラケット、AF補助光を遮ってしまう旧型であることが判明しました。オリエンタルホビーで販売しているものは、AF補助光を遮らないように角が面取りされているのですが、今回購入したものは3/4程がグリップで隠れてしまいます。まぁAF補助光なんて使わないし・・・と開き直るしかないですね(笑)

結局、2週間も待った上に高い買い物、更に旧型を買わされてしまったという、正に踏んだり蹴ったりという感じでしたが、良い勉強させていただいたということで前向きに考えたいと思います(@@;)



写真(全般) ブログランキングへ

↑↑↑ ランキングに参加中です! よろしければ、クリックお願いします。
[PR]
by hnphoto | 2014-03-07 14:11 | Equipment

フローラルガーデンおぶせで花を撮る

朝からの雪が雨に変わったが、シトシトと降り続くあいにくの天気。午後の予定が空いていたので小布施町にあるフローラルガーデンおぶせへ足を運んだ。

受付に行くと「今日は週末から始まる展示に向けて、園内準備作業中なので入園料は無料で結構です」とのこと。

園内(大きなビニールハウス)は確かに雑然としていて、これまで見てきたどの植物園よりも見劣りする(笑)
早速カメラを取り出すと、園内の湿気でレンズが一気に曇った。ここで慌てて拭くと水滴になって拭き残りになってしまうため、慌てずに自然にクモリが取れるまでユックリと待つ。

園内は至る所に紺色の布が敷かれ、その上に植物の鉢が置かれているのだが、この敷物がクセ者で、フレーミングの中にこの紺色が入るとスッゴク邪魔で、すべてが台無しになってしまうのだ。なので極力画面に入らないように慎重にカメラを構える。

取り始めて気がついたのだが、園内には植物の名称を記したラベルがほとんどないんです。花の名前に疎い私にとっては名前の分かる植物は皆無に等しく、何も分からないまま目にとまった花の写真を撮るだけの作業になってしまいました(°°;)


アーチ状のベンチに色とりどりの花が敷き詰められてキレイでした。
a0191069_1115894.jpg
■ FUJI X-E1 + Carl Zeiss Jena Flektogon 2.8/35 / F5.6 1/60 ISO200 ■


これは鉢に「マーガレット」と書いてありました(笑)
a0191069_11154100.jpg
■ FUJI X-E1 + Carl Zeiss Jena Flektogon 2.8/35 / F4 1/150 ISO400 ■


シダの仲間でしょうか?
a0191069_1115036.jpg
■ FUJI X-E1 + Carl Zeiss Jena Flektogon 2.8/35 / F4 1/56 ISO200 ■


新しく芽吹いた新緑の若葉がキレイですね
a0191069_12164560.jpg
■ FUJI X-E1 + Carl Zeiss Jena Flektogon 2.8/35 / F5.6 1/40 ISO200 ■


緑の絨毯に紫の花(葉?)が箱庭のように敷き詰められてました。
a0191069_1114175.jpg
■ FUJI X-E1 + Carl Zeiss Jena Flektogon 2.8/35 / F5.6 1/30 ISO200 ■


奥にチョットだけ見えるのがクセ者である紺色の敷物です(°°;)
a0191069_1113718.jpg
■ FUJI X-E1 + Carl Zeiss Jena Flektogon 2.8/35 / F4 1/30 ISO200 ■


天井から漏れる木漏れ日をぼかしてみました。このレンズはF4くらいのボケがキレイですね。
a0191069_1113311.jpg
■ FUJI X-E1 + Carl Zeiss Jena Flektogon 2.8/35 / F4 1/180 ISO400 ■


これはヤシの一種でしょうね。
a0191069_111294.jpg
■ FUJI X-E1 + Carl Zeiss Jena Flektogon 2.8/35 / F4 1/80 ISO200 ■


天井からピンク色の花がたくさん咲いていたので、レンズを換えてみたところ、園内の湿気でレンズが曇ってきたので、そのままソフト効果を狙って撮影してみました。
a0191069_111252.jpg
■ FUJI X-E1 + XC55-200 / F6.7 1/30 ISO1000 -1/3 ■


ちなみにレンズの曇りが取れるとこんな感じでフジノンらしくシャープに写ります。
a0191069_1112045.jpg
■ FUJI X-E1 + XC55-200 / F6.7 1/30 ISO1000 -2/3 ■




写真(全般) ブログランキングへ

↑↑↑ ランキングに参加中です! よろしければ、クリックお願いします。
[PR]
by hnphoto | 2014-03-06 11:27 | Snap

X-E1のシャッターボタンを換えた

X-E1のシャッターボタンには中心にネジが切ってあるため、シャッターボタンに装着するアクセサリーが使えますので、購入直後にR-D1用に購入したマップカメラ製のシャッターボタンを装着してました(過去ログ

購入以来愛用しているX-E1ですが、多少新鮮味が無くなってきた感じなので、シャッターボタンを交換して気分を変えてみることにしました。

今回セレクトしたのは「F-Foto ソフトレリーズシャッターボタン 凹タイプ」 色はレッドです。
a0191069_17315122.jpg
直径は10mm、これまで使用してきたものよりも大きく、凹タイプなので指の感触もスッゴク良くなりました。レッドがワンポイントのアクセントになって良い感じですね。


ちなみにこれまでのマップカメラ製はこんな感じでした。直径7mmの凸タイプです。
a0191069_17315956.jpg



今回手配したシャッターボタンは、X-T1にも付けられると思って手配したのですが、カタログを見てびっくり!!シャッターボタンにネジ穴無かったんです(°°;) これって防塵防滴性能を維持するためなのでしょうか?








写真(全般) ブログランキングへ

↑↑↑ ランキングに参加中です! よろしければ、クリックお願いします。
[PR]
by hnphoto | 2014-02-28 17:46 | Equipment

AUTO YASHINON + X-E1で花を撮る

先日、スーパーで買った鉢植えのミニチュアローズをオールドレンズで撮ってみました。
セレクトしたレンズはM42マウントのAUTO YASHINON DX 50mm F1.7。レンズの最短距離は50cmなのでPENTAXの接写リングを併用しました。

a0191069_10132618.jpg
イチバン大きいNo.3のリングを装着すると、フードを含めたレンズの全長は20cm近くになり、さながらキャノン砲のようになりますw

まずはNo.2(約18mm)の接写リングを取り付けてバラの花に最接近してみます。ちなみに花の大きさは25mm程度の大きさしかありません。
a0191069_10132141.jpg
■ FUJI X-E1 + AUTO YASHINON DX 50/1.7 / F2.8 1/150 ISO400 ■

ピント合わせは非常にシビアになりますので、液晶ファインダーを見ながら拡大表示させ、微調整は花の鉢の下に敷いた厚紙を動かしてピントを合わせました。


次にイチバン厚いNo.3(約27mm)の接写リングを取り付けてみます。
a0191069_10132523.jpg
■ FUJI X-E1 + AUTO YASHINON DX 50/1.7 / F5.6 1/150 -2/3 ISO800 ■

ここまで寄るとピントが合う範囲が極小になってしまうので、少し絞り込んでマイナス補正をかけてみました。


ちなみに絞り開放で撮影するとこんな感じです。
a0191069_10132242.jpg
■ FUJI X-E1 + AUTO YASHINON DX 50/1.7 / F1.7 1/480 -2/3 ISO400 ■

ピントは手前の花びらの先端のトゲに合わせたつもりですが、全体にフレアーが掛かったような描写になっているため、かなりビミョーですね。


X-E1の液晶ファインダーはAFエリア拡大ができるので、このようなオールドレンズを使うときには大変助かります。ただエリア拡大では、拡大表示された状態で表示部分を移動することができないので、本当に合わせたい被写体に合わせることができないという不満はありますので、是非ファームウェアで改善して欲しいものです。



写真(全般) ブログランキングへ

↑↑↑ ランキングに参加中です! よろしければ、クリックお願いします。
[PR]
by hnphoto | 2014-02-24 10:42 | Works

XシリーズはRAW+JPEG

富士のXシリーズは素晴らしいJPEG画像を生成してくれるので、記録モードはRAW+JPEGに設定してます。D800などでは、このモードにすると記録容量の関係から撮影時にバッファが一杯になりイライラすることが多々あるためRAWのみですが、ほとんど連写をしないXシリーズでは全く問題ありませんね。

普段は本体が生成してくれるJPEGデータを使うことが多いのですが、自然の作り出す一瞬を切り取る場合、JPEGに頼って設定をいじっている間にチャンスを逃してしまうこともあるので、そんな時にはRAWデータを活用します。

先日の冬の寒空を撮った際にも、陽が傾き初めて刻々と変化していく空にカメラを向けた際に、色温度やフィルムモードなどをイメージに近づけている余裕は全くなく、最低限の構図と露出、フォーカスのみを調整して撮影し、わずか1分ほどで空の雰囲気も変わってしまいました。

撮影したデータをPCに取り込み、LR5で色温度とコントラスト、彩度を微調整して、何とかイメージに近い寒々しい空」に仕上がりました。
a0191069_10455226.jpg
■ FUJI X-E1 + XC50-230 / F8 1/680 ISO200 ■

LR5がXシリーズに対応してくれたのはホントにありがたいことなのですが、あれだけ豊富なラインアップを誇るフジノンレンズの補正データがひとつもないってのはアドビさんの怠慢なのでしょうか?



写真(全般) ブログランキングへ

↑↑↑ ランキングに参加中です! よろしければ、クリックお願いします。
[PR]
by hnphoto | 2014-02-21 11:07 | Snap

怪しい雲

予報では今日も関東では雪とか言ってたけど、早速雲行きが怪しくなってきた...
a0191069_9384048.jpg
■ FUJI X-E1 + XF18-55/2.8-4 / F8 1/1900 ISO200 B/W+R ■




写真(全般) ブログランキングへ

↑↑↑ ランキングに参加中です! よろしければ、クリックお願いします。
[PR]
by hnphoto | 2014-02-19 09:42 | Snap

晴れ時々強風

週末の大雪でマヒ状態に陥った日本列島も、ようやく動き出したみたいですが、市場はまだまだ混乱が続いてますね(°°;)

今日は久々の晴れ間が広がってますが、風は強く雲の動きもF1なみです(笑)
a0191069_14173364.jpg
■ FUJI X-E1 + XF18-55/2.8-4 / F5.6 1/1800 ISO200 ■



写真(全般) ブログランキングへ

↑↑↑ ランキングに参加中です! よろしければ、クリックお願いします。
[PR]
by hnphoto | 2014-02-18 14:18 | Snap


長野市在住の駆け出しカメラマン仁部英樹のフォトダイアリーです。撮影や機材のことを中心に、興味がある商品や欲しいものなどについて書いています。撮影のご依頼は下段のリンク集よりご連絡をお願いします。


by hnphoto

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
Photo
Works
Portrait
Snap
Equipment
Memo
apple
Pet
Daily
未分類

タグ

フォロー中のブログ

from our Dia...
ヒカリチュウドク
ぽげろぐ
のんたんのデジタルな風景
Ever Green
プラハなchihua**hua
 アルビレオの 雑記帳
日常の風景のなかに++
写真家 海老原 勇人
おれのほそ道
*Monochrome+...
猿画堂撮影機材室
- 光景彡z工房 - ◇...
ライフノート
写真家・相原正明のつれづ...
ドローンと一緒・okoの...
day after day
モダンティーク
blackeyes ph...
DIGITAL PHOT...
Yoshi-A の写真の...
day by day
foto sérénade
恋するファインダー / ...
エクランの撮影日記
slow life-annex
ドラマチックカメラ
ぴーたんの美味しい毎日 ...
BOSO写真家 重田 吉...
フォトグラファー上田晃司の日記
プラハExpression
薄れかけた記憶はボクのタ...
【旧】写真とカメラとレン...
ego.
下手の横好き
HarQ Photogr...
旅先の風景
shindoのブログ
Final Impres...
39medaka
広島HDRじゃけぇ!
Capu-photo D...
Ryo,Onodera ...
addict to ASUKA
福岡ぼちぼちフォトライフ2
Fresh Breeze
新・電脳物欲王
日々!
ASPHERICAL W...
徒然なるままに
Colors of Se...
ハルの写真通信

リンク集

以前の記事

2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月

検索

ライフログ


カールツァイス Touit 2.8/50M(FUJIFILM Xマウント)


FUJIFILM フジノンXFレンズ F XF56MMF1.2 R


FUJIFILM フジノンXFズームレンズ XF55-200mmF3.5-4.8RLMOIS


FUJIFILM デジタルカメラ X100S 1630万画素 F FX-X100S


FUJIFILM テレコンバージョンレンズ TCL-X100S シルバー


FUJIFILM フジノンズームレンズ XF10-24mmF4 R OIS


FUJIFILM XFレンズ FUJINON F XF23mmF1.4R 単焦点 広角


OLYMPUS デジタルカメラ STYLUS 1 28-300mm 全域F2.8 光学10.7倍ズーム ブラック STYLUS-1 BLK


SIGMA デジタルカメラ DP3Merrill 4600万画素 FoveonX3ダイレクトイメージセンサー F2.8


Godox V850 リチウム電池内置 スピードライト リチウムイオンカメラフラッシュ


Godox AD-360セット Speedlight デジタル一眼レフ用 フラッシュ・ストロボ 360WS 高出力、スピードライト!


作って楽しむ信州の保存食


作って楽しむ信州の漬物〔増補改訂版〕

その他のジャンル

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

最新の記事

RX100の不具合
at 2014-07-30 13:49
Fitbit Zipを購入
at 2014-06-17 08:53
E7系
at 2014-05-25 21:06
Lunch Time
at 2014-05-04 20:06
オールドレンズの描写
at 2014-05-03 16:27

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

写真家
カメラ

画像一覧