タグ:物欲 ( 8 ) タグの人気記事

OLYMPUS Stylus1

普段、バッグの中に入れて持ち歩いているのはSONY RX100。コンデジのコンパクトなボディに1型CMOSとカールツアイスを搭載した最強コンパクトだが、不満もいくつかある。

まず小さすぎること。バッグの中に入れておく分には小さいに越したことはないんだが、大人の男性がハンドリングするにはあまりにも小さすぎるのだ。

それと望遠端100mm。「もう少し寄りたい」という機会はかなり多い。RX100には「7.2倍相当(200mm)までズームアップできる“全画素超解像“ズーム」というのを搭載しているが、”ソニー独自開発の“全画素超解像“技術”というのがうさんくさい。それならD7100に搭載されている「対DX1.3×クロップ」のように画素数を減らして中央のみを切り取る方が良かったのではと思う。

それとファインダーを搭載していないというのも×だ。昔のカメラには必ず搭載されていたファインダー。写真を撮るときには、まずファインダーを覗いて構図とピント合わせを行ってから撮影したものである。使い捨ての「写るんです」にさえファインダーはあるのだ。

しかしデジカメになってからは、画像確認用の液晶パネルがファインダーの代わりとなってしまったため、撮影スタイルすら変わってしまった。

液晶画面には基本的に視度調節機能がないため(笑)、老眼の場合は目に近づけると焦点が合わなくなる。だからカメラを眼から離した状態で液晶パネルを見ながらピント合わせをしなければならないという悪循環(°°;) やはりファインダーは老カメラマンにとって必須なのだ。

a0191069_1016478.jpg

そんな中で今、かなり気になっているのがOLYMPUSから昨年末に発売されたStylus1だ。
カテゴリーこそコンパクトデジカメに属しているが、スペックを見る限り「ネオ一眼」である。中でも注目されているのが28-300mm/F2.8という搭載レンズ。あのサンニッパが手のひらにのってしまうのだ。
a0191069_1022111.jpg



ボディサイズは同社ミラーレスのE-M5をひと回り小さくした感じで、デザインは仕様もそっくり。
a0191069_1016885.jpg

主要スペックは以下の通りだ。

■有効1200万画素1/1.7型CMOSセンサー(STYLUS XZ-2に搭載されているものと同等)
■28-300mm/F2.8の高倍率ズームレンズ。最短ではレンズ前5cmでの接写が可能(ズーム位置は固定)
■12bitRAWでの撮影対応。(RAW+JPEG撮影可能/ボディ内での現像機能も搭載)
■ISO感度は、ISO100-12800 3段分のNDフィルターも内蔵
■フルHDで30pでの撮影が可能
■3型104万ドット(アスペクト比3:2)のタッチパネル式液晶モニター 上側80度、下側50度までのチルト可能
■電子ビューファインダーは144万ドットの高精細タイプ(E-M5と同等、0.58倍程度の倍率)
■シャッターは1/2000秒から60秒。レンズシャッター方式。
■連写速度は最大で7コマ/秒、RAWで25コマ、JPEGでは70コマ。
■Wi-Fiを搭載。スマートフォン等でのリモート操作にも対応。


まさにてんこ盛りのスペックで、普段持ちには最高のコンデジと言える。それでもいくつか気になる点が見えてくる。

●画素数とCMOSサイズ:1600万画素にするか、ワンサイズ上の2/3型を採用して欲しかった。1/1.7型CMOSというとGR DIGITAL IVと同等だが、あちらは28mmの単焦点に対してStylus1はサンニッパの10倍ズーム。画素数は割り切ってもCMOSサイズはゆとりを持って欲しかったですね。
●最速シャッター速度:せっかくF2.8通しのレンズ搭載しているんだから、絞り開けて背景ぼかしたり、ハイキーな作品を撮りたいときには1/4000や1/8000は欲しくなりますよね。レンズシャッター方式。代わりに3段分のNDフィルターを搭載しているので、何とかなるのでしょうか・・・


まぁ欠点はあるものの、E-M5にボディキャップレンズを搭載した程度のボディに、これだけの機能を搭載しちゃったんだから、欲しくなっちゃいますよね(^^)


来週末に、いよいよ発売が開始されるX-T1も欲しいし、Nikon DXフラッグシップのD7100も8万円台前半まで落ちてきて買い時感たっぷりなので、そろそろ本格的に資金集めしなきゃですねww

a0191069_10344454.jpg
告知の段階ではスルーするつもりでしたが、そこら中で掲載され始めたレビュー記事を見ちゃったら、こりゃ買いですよね(°°;) たぶんXF55-200とともにポチっちゃうと思います(笑)

a0191069_10343744.jpg
弟分のモデルチェンジが終わり、D7200のウワサもチラホラ出始め、だいぶ値頃感が強くなったD7100。仕事で未だに使い続けているEOS 7Dと決別する上でもDX機は必要ですねw


写真(全般) ブログランキングへ

↑↑↑ ランキングに参加中です! よろしければ、クリックお願いします。
[PR]
by hnphoto | 2014-02-04 10:43 | Equipment

FUJI X-T1

予告通り、先日の昼過ぎにFUJI X-T1が発表になりました。
a0191069_935172.png

富士フイルムの公式サイトで先行して公開された写真よりも、だいぶカメラっぽくて(笑)カッコイイですね♪


軍幹部は大きめのダイヤルが3つ鎮座していて、まさに精密機械の操作部って感じです。
a0191069_935414.jpg

アナログ感とレトロっぽいイメージを追求したデザインなんでしょうけど、ファインダー左のISOダイヤルについてはあまり必要じゃないような気もします。


ボディはX-E2とほぼ同じ大きさで、グリップした写真を見ると「チョット小さすぎかな?」って印象も受けますが、このあたりは実物を手に取ってみないと何とも言えませんね。
a0191069_9354269.jpg

それにしてもAPS-Cの一眼レフスタイルに大型EVFや防塵防滴をX-E2程度の大きさに詰め込んでしまったというのは驚きです!!


SPECに関しては、先に発売されたX-E2を含めて、富士フイルムとして「Xシリーズの良いところを全部集めた全部入り」ともいえる、現時点で文句の付け所が見当たらないカメラになってます。

2/15発売で、価格は当初、ボディで18万円程度という情報が飛び交っていましたが、カメラ量販店各社の初値は15万円ほどで、ポイントを加味すると13万円台なので、思い切り手が届いちゃうところにあります。

まぁ、発売直後に飛びつくことはないと思いますが、これでX-E2購入という選択肢は全くなくなりましたね。
a0191069_9351897.jpg



富士フイルムのXシリーズは、高性能なレンズが比較的安価に入手できるというのが大きなアドバンテージとなってます。X-T1と同時に発表されたXF56mmF1.2 RやXF10-24mmF4 R OISのようなプレミアムレンズが10万円以下で手に入るってのは、CanonやNikonでは考えられませんからね(°°;)
a0191069_10173130.jpg



昨年Canonからマウント変更してシステム構築したNikon Fマウントについては、大判印刷用途のクライアントさんの要求に応えるためには必要ですが、追加でXFマウントシステムを導入するかどうかは、大いに悩ましい問題ですね。



写真(全般) ブログランキングへ

↑ ランキングに参加中です! よろしければ、クリックお願いします。
[PR]
by hnphoto | 2014-01-29 10:18 | Equipment

FUJIFILM X-T1?

1月28日に発表されるという富士フイルムのXシリーズ新製品の画像が、いよいよ富士フイルムのサイトに掲載された。

a0191069_17385752.jpg


今年に入って、富士フイルムの某契約カメラマン経由で製品画像が流出したりで話題にはなっていた。今回ようやく本家からホンモノの画像が発表されたわけだが、小さな1枚の画像以外に何の情報もない。

デジカメinfoなどに寄せられた情報を要約してみると次のような仕様のカメラになるようだ。

・フジカSTに似たデザイン
・一眼レフスタイルのレトロ調のカメラ
・防塵防滴
・チルト可能な液晶モニタを採用
・SDカードスロットはシングルでUHS-II SDカードに対応
・新型EVFは非常に大きく、美しく、リフレッシュレート非常に高い
・連写も劇的に改善。AFトラッキング使用時に8コマ/秒の連写が可能
・AFが高速化
・APS-C X-Trans II
・価格はX-EシリーズとX-Proシリーズの中間

ということだが、先に発売されているX-E2を大幅にしのぐようなスペックでもなく、また今秋のフォトキナで発表されるのではと噂されるX-Pro2に迫るようなカメラでもないような気がする。

デザインもノスタルジックなスタイルでレトロファンを魅了したいのなら、Nikon Dfくらい徹底的にやって欲しいものである。これじゃSONYのα7みたいで、あまり好きなデザインではないなぁ・・・ R-D1やX-E1のように、このカメラを持ち出したいという気にはなれそうもない。

まぁ、市場に出て実際に手に持って操作してみないと、製品の善し悪しは判断できないので、暖かくなる頃には欲しくなってるのかもしれませんが・・・

ところで、最近ではレトロ調を狙ったデジカメが各社から製品化されているが、そのなかでデザイン面でも性能面でも成功しているのは、オリンパスのOM-DシリーズとNikon Dfだけじゃないのかな?

昨年までのトレンドは、「フルサイズ一眼」や「ローパスフィルターレス」でしたが、次は「レトロ調」がトレンドになのでしょうか?

人気ブログランキングへ
もしよろしければ、クリックお願いします。
[PR]
by hnphoto | 2014-01-20 14:19 | Works

Nikon D800

a0191069_11141360.jpg
週末にNikonからD7100が発表された。公開されたSPECを見る限り、夏の終わりに発表されると噂されるEOS7DMark2の予想SPECを確実に上回るもので、キヤノンのレンズラインナップにも日頃から不満を持っていたため、これを機に仕事用機材のNikonへの乗り換えを真剣に開始した。

a0191069_1112172.jpg
これから導入するのであればメイン機はフルサイズ必須なので、D800かD600という選択肢になる。飲食の仕事は納品サイズが通常は600万画素程度のため、巨大な解像度は必要ないが、ごく稀に納品カットの中から表紙用素材にトリミングされたり、ポスターや看板への転用も可能性としてあるため、できれば高画素で撮影したいところだ。

a0191069_1112159.jpg
とはいっても2,400万画素あれば必要十分なのでD600でも対応可能だ。D800に比べて小型軽量なのも◯ しかしながら発売以来、圧倒的な高評価を得ているD800も捨てがたい。価格差約7万円であれば無理してでもD800という選択肢に心が揺らいでいる。

組合わせるレンズはAF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VRに決まりですね。これ1本で料理の撮影はほぼこなせるし、焦点距離を変えたい時はNikonならクロップモードを使えば良いので、ホントに優れた機能だと思いますよ。

a0191069_1112148.jpg
まずは現行のメイン機であるEOS7D+EF24-105mm/F4LをD800+AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VRに切り替えて、店舗撮影の方は当面はEOS 5DMarkII+SIGMA12-24mm F4.5-5.6 II DG HSMで対応し、将来的には店舗撮影用もNikonに切り替えるって感じですかね(^^)



人気ブログランキングへ
もしよろしければ、クリックお願いします。
[PR]
by hnphoto | 2013-02-24 11:15 | Works

欲しいレンズ

今イチバン欲しいレンズはSIGMA 35mm F1.4 DG HSMですね。
a0191069_1025613.jpg
既にシグマとキヤノン、ニコン用が発売されていてソニーとペンタックスは発売時期未定なんですが、これまでのレビューを見る限り最高レベルの評価を受けているんですね。もちろんソニー用を狙ってるんですが純正よりも安価で高性能でしかもカッコイイ(笑) 35mmという焦点距離は最も好きなレンズだし、無理してでも良いレンズが欲しいんで、発売が待ち遠しいです。

そしてもう一本欲しいのがSIGMA 12-24mm F4.5-5.6II DG HSMです。
a0191069_10413364.jpg
このレンズも超広角ズームレンズの中では高い評価を得ていて是非とも欲しい1本です。このレンズには花形フードが組み込まれていてしかも固定なので、持ち運びは不便そうですね(@@;)

この2本のレンズを見て思うのですが、SIGMAさんの最近のレンズはデザインが良くなりましたね。特に最近はArtラインなるシリーズも注目されていて、35mm F1.4もArtラインに属するレンズなんですね。やはりカメラボディも含めて機材には所有したいと思わせる何かが必要なんですね。

人気ブログランキングへ
もしよろしければ、クリックお願いします。
[PR]
by hnphoto | 2013-02-11 10:41 | Equipment

SONY α99

昨年後半から屋外のポートレート撮影ではα77を使うようになった。理由はEVFだ。AFに全面的な信頼を置けず、かといって視力の低下でMFもままならない老カメラマンにとってEVFは正に救世主だった。
しかしα77にもいくつかの不満がある。例えば

・ホワイトバランスが不安定
・RAW+JPEGにするとJPEGは自動的にNormalになってしまう
・三脚のクイックプレートとバッテリーカバーが干渉する
・APS-Cによるレンズ制約

α77を本格的に使い始めて、そんな不満が湧き出した頃に登場したのがαシリーズの最高峰α99だ。
もちろんファインダーはEVFでしかもフルサイズ。
a0191069_914264.jpg

既に多数のレビューも掲載されており、それらを見ていると、α77で不満となっていたいくつかの仕様は改善されており、やはりいつかはα99という思いが日に日に募っていく。

a0191069_91422.jpg
α77で「なんでこんな設計したの?」と思わざるを得なかったバッテリー室もちゃんとグリップ部に収まっておりクイックプレートとの干渉も起こらない。

a0191069_91429.jpg
外付けストロボを始めラジオトリガーや水準器などのアクセサリーを使う上で厄介者で、Minolta時代の負の遺産を継承してしまった独自仕様のアクセサリーシューもα99では一般的なものとなった。

a0191069_914311.jpg
またフラッグシップならではのダブルスロットも本番の撮影では重宝する。

6月には昨年導入した機材の支払が完了するので、導入目指して準備開始となります。

人気ブログランキングへ
もしよろしければ、クリックお願いします。
[PR]
by hnphoto | 2013-02-08 09:30 | Equipment

FUJI X-Pro 1

a0191069_9104594.jpg

昨年からデジカメ業界では元気の良い富士フイルムから、今度はレンズ交換式ミラーレスシステムX-Pro 1が近々発表になるみたいです。インターネットで情報を探ってみましたが、魅力的なスペックは以下の通りです。

●撮像素子:X-Transと呼ばれる新型センサーでサイズはAPS-C、画素数は1600万画素。RGBフィルターは6x6ピクセルのランダムブロックに配置され、ローパスフィルターレス。
●ファインダー:光学とEVFのハイブリッドビューファインダー。ファインダーには、広角レンズのための0.37倍と、その他のレンズのための0.60倍の2つの光学的なファインダー倍率が用意されている。ファインダー倍率はメニューから変更することができ、サードパーティー製レンズ装着時には、マニュアルで設定することができる。
●ボディ:マグネシウム合金で、上面と底面の部分はアルミニウム合金。
●その他:フィルムシミュレーションモードと多重露光機能が備わっている。
●マウント:FUJI Xマウント
●交換レンズ:XF18mm F2 R , XF 35mm F1.4 R , XF 60mm F2.4 R Macro

純正でMマウントアダプターも用意されるみたいです。Responsephotoとかではボディと35mmレンズのキットで1300ユーロ???なんて情報もありますので、発売が遅れているSONY NEX-7よりもこちらの方が魅力的に感じますね。

人気ブログランキングへ
もしよろしければ、クリックお願いします。
[PR]
by hnphoto | 2012-01-09 11:38 | Equipment

NEX-7

a0191069_15313810.jpg


SONYが発売予定のNEX-7はNEXシリーズの最上位モデルだ。他のミラーレス一眼よりも一回り以上大きいAPS-Cサイズの撮像素子を持つNEXシリーズは、その画像にも魅力があるが、何といってもマウントアダプター装着時に威力を発揮する。現在所有しているM4/3は撮像素子が17.3mm×13.0mmなので35mmフルサイズの36mm×24mmと比較すると約1/2、従って35mm用に設計されたライカMマウントのレンズを装着すると焦点距離が2倍になってしまうが、NEXシリーズの撮像素子は23.5mmx15.6mmなので35mmフルサイズの約1/1.6となり、EPSONのR-D1と同じ感覚でライカマウントのレンズが使えることになる。しかもNEX-7にはXGA 有機EL ビューファインダー搭載されているので、R-D1と違ってレンズを通した画像を肉眼で確認しながら撮影することができるんだよね。これって本家のLEICA M8・M9にもできないことなんですよ。しかも画素数は約2430万画素という、かなり贅沢なカメラなんです。タイの洪水の影響で発売が来年3月以降となってしまいましたが、出たらほしくなっちゃうよね(笑)

人気ブログランキングへ
もしよろしければ、クリックお願いします。
[PR]
by hnphoto | 2011-11-09 15:33 | Equipment


長野市在住の駆け出しカメラマン仁部英樹のフォトダイアリーです。撮影や機材のことを中心に、興味がある商品や欲しいものなどについて書いています。撮影のご依頼は下段のリンク集よりご連絡をお願いします。


by hnphoto

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
Photo
Works
Portrait
Snap
Equipment
Memo
apple
Pet
Daily
未分類

タグ

フォロー中のブログ

from our Dia...
ヒカリチュウドク
ぽげろぐ
のんたんのデジタルな風景
Ever Green
プラハなchihua**hua
 アルビレオの 雑記帳
日常の風景のなかに++
写真家 海老原 勇人
おれのほそ道
*Monochrome+...
猿画堂撮影機材室
- 光景彡z工房 - ◇...
ライフノート
写真家・相原正明のつれづ...
ドローンと一緒・okoの...
day after day
モダンティーク
blackeyes ph...
DIGITAL PHOT...
Yoshi-A の写真の...
day by day
foto sérénade
恋するファインダー / ...
エクランの撮影日記
slow life-annex
ドラマチックカメラ
ぴーたんの美味しい毎日 ...
BOSO写真家 重田 吉...
フォトグラファー上田晃司の日記
プラハExpression
薄れかけた記憶はボクのタ...
【旧】写真とカメラとレン...
ego.
下手の横好き
HarQ Photogr...
旅先の風景
shindoのブログ
Final Impres...
39medaka
広島HDRじゃけぇ!
Capu-photo D...
Ryo,Onodera ...
addict to ASUKA
福岡ぼちぼちフォトライフ2
Fresh Breeze
新・電脳物欲王
日々!
ASPHERICAL W...
徒然なるままに
Colors of Se...
ハルの写真通信

リンク集

以前の記事

2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月

検索

ライフログ


カールツァイス Touit 2.8/50M(FUJIFILM Xマウント)


FUJIFILM フジノンXFレンズ F XF56MMF1.2 R


FUJIFILM フジノンXFズームレンズ XF55-200mmF3.5-4.8RLMOIS


FUJIFILM デジタルカメラ X100S 1630万画素 F FX-X100S


FUJIFILM テレコンバージョンレンズ TCL-X100S シルバー


FUJIFILM フジノンズームレンズ XF10-24mmF4 R OIS


FUJIFILM XFレンズ FUJINON F XF23mmF1.4R 単焦点 広角


OLYMPUS デジタルカメラ STYLUS 1 28-300mm 全域F2.8 光学10.7倍ズーム ブラック STYLUS-1 BLK


SIGMA デジタルカメラ DP3Merrill 4600万画素 FoveonX3ダイレクトイメージセンサー F2.8


Godox V850 リチウム電池内置 スピードライト リチウムイオンカメラフラッシュ


Godox AD-360セット Speedlight デジタル一眼レフ用 フラッシュ・ストロボ 360WS 高出力、スピードライト!


作って楽しむ信州の保存食


作って楽しむ信州の漬物〔増補改訂版〕

その他のジャンル

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

最新の記事

RX100の不具合
at 2014-07-30 13:49
Fitbit Zipを購入
at 2014-06-17 08:53
E7系
at 2014-05-25 21:06
Lunch Time
at 2014-05-04 20:06
オールドレンズの描写
at 2014-05-03 16:27

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

写真家
カメラ

画像一覧