ニコン レンズホルダー

今回も小物ネタです。カメラバッグに入れるレンズの保護にはニコンのレンズホルダーを愛用してます。
a0191069_1002934.jpg

クッション製のある素材でできていて、レンズをのり巻きのようにクルクルッと巻いて保護するモノです。サイズはS(350×140mm)とL(370×215mm)があって、Sは長さ140mm以下のレンズ用、Lは215mm以下のレンズ用です。Lは70-200/F2.8が収まるサイズなんですが、三脚台座を外さないと収納できないので、以外と出番がないです(@@;)

a0191069_10025100.jpg
Sの方はXC50-230がピッタリ収まるサイズなので重宝してます。

a0191069_1001847.jpg
表面はナイロンパイル地で金色に輝くNikonの文字が刺繍っぽく印刷されております。

a0191069_1002286.jpg
裏面は滑りにくいネオプレーンゴムなので、誤ってレンズが滑り落ちるなんてことはなさそうです。


以前は袋状のポーチを使っていたのですが、いちいち袋を開けてレンズを取り出すのって結構面倒くさくて、特に冬場の悴んだ手で口を開けるのが辛かったのですが、レンズホルダーならベルクロをビリッとするだけでレンズが素早く取り出せ、取り外したレンズもそのままくるんで収納できるので、スッゴク便利です。



写真(全般) ブログランキングへ

↑↑↑ ランキングに参加中です! よろしければ、クリックお願いします。
[PR]
# by hnphoto | 2014-02-27 10:22 | Equipment

あると便利な小物:RED WHIPS

最近買った小物で超便利なのがシンクタンクフォトの「RED WHIPS」です。
a0191069_99972.jpg

シンクタンクフォトといえば、プロカメラマンにも愛好者が多いカメラバックを作っているメーカーで、私もキャリーバッグを2台ほど愛用してますが、バッグの中身を整理する小物も色々と商品化していて、センスの良いデザインがお気に入りのメーカーです。
a0191069_99722.jpg
RED WHIPSは10本入りで1,000円弱、1本あたり100円程度になります。


バンジーコードとコードロックを組み合わせた簡単なつくりですが、コード類のアクセサリーを束ねたりするのに便利です。
a0191069_9433812.jpg

材料さえあれば自分で作ることも可能ですが、手間を考えればリーズナブルな価格ですね。

a0191069_9215585.jpg
こんな風にバンジーコードでケーブルを束ねた後にコードロックを引っ張れば簡単にケーブルを束ねることができます。
a0191069_985770.jpg


太いモノの場合はこんな風に使うこともできます。
a0191069_9523120.jpg


a0191069_943345.jpg
バンジーコードの長さは11cmほどなので、直径4cmくらいのモノまで束ねることができそうです。ホームセンター等で同じ太さのバンジーコードを買ってきてコードだけ入れ替えれば、色違いや長さ違いのものが簡単に作れそうですね。


カメラバッグの中で何かと邪魔者扱いされるストラップも、こんな風に束ねちゃうと取り出しとか楽ですよw
a0191069_984729.jpg




写真(全般) ブログランキングへ

↑↑↑ ランキングに参加中です! よろしければ、クリックお願いします。
[PR]
# by hnphoto | 2014-02-26 09:38 | Equipment

AUTO YASHINON + X-E1で花を撮る

先日、スーパーで買った鉢植えのミニチュアローズをオールドレンズで撮ってみました。
セレクトしたレンズはM42マウントのAUTO YASHINON DX 50mm F1.7。レンズの最短距離は50cmなのでPENTAXの接写リングを併用しました。

a0191069_10132618.jpg
イチバン大きいNo.3のリングを装着すると、フードを含めたレンズの全長は20cm近くになり、さながらキャノン砲のようになりますw

まずはNo.2(約18mm)の接写リングを取り付けてバラの花に最接近してみます。ちなみに花の大きさは25mm程度の大きさしかありません。
a0191069_10132141.jpg
■ FUJI X-E1 + AUTO YASHINON DX 50/1.7 / F2.8 1/150 ISO400 ■

ピント合わせは非常にシビアになりますので、液晶ファインダーを見ながら拡大表示させ、微調整は花の鉢の下に敷いた厚紙を動かしてピントを合わせました。


次にイチバン厚いNo.3(約27mm)の接写リングを取り付けてみます。
a0191069_10132523.jpg
■ FUJI X-E1 + AUTO YASHINON DX 50/1.7 / F5.6 1/150 -2/3 ISO800 ■

ここまで寄るとピントが合う範囲が極小になってしまうので、少し絞り込んでマイナス補正をかけてみました。


ちなみに絞り開放で撮影するとこんな感じです。
a0191069_10132242.jpg
■ FUJI X-E1 + AUTO YASHINON DX 50/1.7 / F1.7 1/480 -2/3 ISO400 ■

ピントは手前の花びらの先端のトゲに合わせたつもりですが、全体にフレアーが掛かったような描写になっているため、かなりビミョーですね。


X-E1の液晶ファインダーはAFエリア拡大ができるので、このようなオールドレンズを使うときには大変助かります。ただエリア拡大では、拡大表示された状態で表示部分を移動することができないので、本当に合わせたい被写体に合わせることができないという不満はありますので、是非ファームウェアで改善して欲しいものです。



写真(全般) ブログランキングへ

↑↑↑ ランキングに参加中です! よろしければ、クリックお願いします。
[PR]
# by hnphoto | 2014-02-24 10:42 | Works

Lightroom vs Capture One

先日、カメラマンの友人から「LightroomよりもCapture oneの方がフジの色に近い色がでるかもしれない」という話を聞きました。その友人はS5proで経験済みだそうで、早速、Capture One Express 7のトライアル版をダウンロードしてみました。

比較に使用したのは昨日、X-E1で撮影した薔薇のカット。使用したレンズはXF35mm F1.4+FOTGAのエクステンションリング16mmという組み合わせです。Capture One Express 7およびAdobe Lightroom5についてはストレート現像で、すべてZoner Photo Studio 13 Proでリサイズしてあります。

X-E1のカメラ内で生成されたJPEGです。
a0191069_15352838.jpg
薔薇の花のシャドウ部がかなり黒くつぶれてますね。花びらの赤や葉のグリーンの色合いはフジならではの発色だと思います。


こちらはAdobe Lightroom5で現像したものです。
a0191069_15351178.jpg
ハイライトはそのままにシャドウ部が少し持ち上がった感じです。花びらの赤が少しマゼンダ寄りに転んでいるのが気になります。


こちらはCapture One Express 7で現像したものです。
a0191069_15352743.jpg
LR5と同様にシャドウ部が持ち上がってますが、LR5よりも弱めで好感が持てる感じです。花びらのシャドウ部も良い感じに調整され、ハイライトからの階調のつながりもなめらかですね。LR5のようなマゼンダ転びも見られませんでした。


この結果を見ると、確かにCapture Oneの方がフジのJPEGに近い色が出ているみたいですね。



写真(全般) ブログランキングへ

↑↑↑ ランキングに参加中です! よろしければ、クリックお願いします。
[PR]
# by hnphoto | 2014-02-23 08:34 | Works

XシリーズはRAW+JPEG

富士のXシリーズは素晴らしいJPEG画像を生成してくれるので、記録モードはRAW+JPEGに設定してます。D800などでは、このモードにすると記録容量の関係から撮影時にバッファが一杯になりイライラすることが多々あるためRAWのみですが、ほとんど連写をしないXシリーズでは全く問題ありませんね。

普段は本体が生成してくれるJPEGデータを使うことが多いのですが、自然の作り出す一瞬を切り取る場合、JPEGに頼って設定をいじっている間にチャンスを逃してしまうこともあるので、そんな時にはRAWデータを活用します。

先日の冬の寒空を撮った際にも、陽が傾き初めて刻々と変化していく空にカメラを向けた際に、色温度やフィルムモードなどをイメージに近づけている余裕は全くなく、最低限の構図と露出、フォーカスのみを調整して撮影し、わずか1分ほどで空の雰囲気も変わってしまいました。

撮影したデータをPCに取り込み、LR5で色温度とコントラスト、彩度を微調整して、何とかイメージに近い寒々しい空」に仕上がりました。
a0191069_10455226.jpg
■ FUJI X-E1 + XC50-230 / F8 1/680 ISO200 ■

LR5がXシリーズに対応してくれたのはホントにありがたいことなのですが、あれだけ豊富なラインアップを誇るフジノンレンズの補正データがひとつもないってのはアドビさんの怠慢なのでしょうか?



写真(全般) ブログランキングへ

↑↑↑ ランキングに参加中です! よろしければ、クリックお願いします。
[PR]
# by hnphoto | 2014-02-21 11:07 | Snap

怪しい雲

予報では今日も関東では雪とか言ってたけど、早速雲行きが怪しくなってきた...
a0191069_9384048.jpg
■ FUJI X-E1 + XF18-55/2.8-4 / F8 1/1900 ISO200 B/W+R ■




写真(全般) ブログランキングへ

↑↑↑ ランキングに参加中です! よろしければ、クリックお願いします。
[PR]
# by hnphoto | 2014-02-19 09:42 | Snap

LEDデスクスタンドを買った

期末を迎えて何かとデスクワークが多くなり、いつものようにAmazonで物色してみると、LEDデスクスタンドが手ごろな価格で出ていたので、思わずポチッとしてみた。

a0191069_159865.jpg
今回購入したのはNECライティングのライフレッズ LED卓上スタンド「HSD16003K-D12」という製品。
仕様は以下の通りで、2,175円(送料込み)という超お手頃価格でした。

定格光速 380lm
定格消費電力 8W
色温度 5,000K

先ほど届いたので早速開梱。
a0191069_1585841.jpg
本体は2カ所の関節がある、いわゆるZライトで、LEDライトがある先端部は約180度の首振りが可能です。


a0191069_1585433.jpg
LEDライトは蛍光灯のように一列に並んでいるわけではなく、先端に円形の発光部があるだけ。直径約2cmの発光部には7個のLEDチップが六角形に配置されていて、これだけで広い範囲を一気に照らし出します。


a0191069_159069.jpg
電源はACアダプターです。


本体根元にあるスイッチを入れてみると、直径僅か2cmの発光部とは思えないほどの光が広範囲に拡散し、デスクワークには全く問題ないほどの明るさでした。こりゃデスクワークだけに使うのはもったいないですね。

組み立ての際に気がついたのですが、本体底部に組み立てには使用しないネジ穴があります。
a0191069_159560.jpg
もしかして1/4インチネジでは?という淡い期待を込めて調べてみましたが、結果はM6のネジ穴でした。
a0191069_1541747.jpg
それでも我が家にあったM6オスダボ付きのスタンドに取り付けてみると、なかなか良い感じで撮影用ライトスタンドっぽくなりましたよ(笑)

メーカー仕様によると、高演色性の光源で色温度は5,000Kの昼白色、色の再現性を示す平均演色評価数はRa85(Ra100に近いほどより自然)だそうです。確かに白色のLEDにありがちな青っぽさも抑えられているみたいです。

撮影用ライトとしては、かなり堅めの光なのでディフューザーで落としてあげれば柔らかい光を得ることができそうなので、追々トライしてみたいと思います。



写真(全般) ブログランキングへ

↑↑↑ ランキングに参加中です! よろしければ、クリックお願いします。
[PR]
# by hnphoto | 2014-02-18 15:43 | Equipment

晴れ時々強風

週末の大雪でマヒ状態に陥った日本列島も、ようやく動き出したみたいですが、市場はまだまだ混乱が続いてますね(°°;)

今日は久々の晴れ間が広がってますが、風は強く雲の動きもF1なみです(笑)
a0191069_14173364.jpg
■ FUJI X-E1 + XF18-55/2.8-4 / F5.6 1/1800 ISO200 ■



写真(全般) ブログランキングへ

↑↑↑ ランキングに参加中です! よろしければ、クリックお願いします。
[PR]
# by hnphoto | 2014-02-18 14:18 | Snap

Eye-Fi Mobilを使ってiPadに画像転送

料理撮影では主に中望遠レンズを使います。理由はレンズの歪曲を少なくしたいのと、望遠レンズによる圧縮効果を狙うためです。

現在使用しているレンズはEF24-105mm F4Lがメインで、90-105mm近辺の焦点距離で撮影するのですが、宴会料理のような大物セット撮影の際には、三脚の高さは180cm位になるため、脚立や椅子を使ってファインダーを覗いて構図やフォーカス調整を行います。

最近ではバリアングル液晶のように高い位置にセットされたカメラでも、脚立や椅子を使わなくてもセッティングを確認できるようになったのですが、仕事で使える中級機にも採用して欲しいものです。

出張撮影の際は撮影したデータを、その場でクライアントさんに確認してもらってOKをいただくのですが、かなり高い位置にあるカメラの画像を確認してもらうのは大変で、カット数が多い場合にはその都度、カメラを雲台から外して画像を確認してもらう必要があり、煩雑になったり最悪、クライアントさんが三脚にぶつかってセッティングがズレたりなんてことも過去にはありました。

a0191069_1528542.jpg

そこで今回導入したのがEye-Fi Mobileカードです。これがあればカメラをPCと繋いでテザー撮影なんて面倒なことをしなくても、iPadに撮影画像を転送してクライアントさんに見てもらうことができるんですね。

これまで使用してきたEOS 7DはCFカード仕様なので、動作保証のないEye-Fiを使うことができなかったのですが、今回新たに導入したNikon D7100ならデュアルSDカードスロットを備えているので、片側にRAWデータ用、もう一方にEye-Fi MobileをセットしておけばRAWデータを保存しながらiPadに確認用のJPEGデータを転送できるわけです。

早速、パッケージに書かれていたアプリをiPad Miniにインストールします。
a0191069_15274643.jpg

a0191069_15274345.jpg

インストールが終わると、アクティベーションコードの入力を促されますので、Eye-Fiカードのケースに印刷してある10桁のコードを入力します。
a0191069_15274027.jpg

パッケージに書いてある説明ではセッティングはこれで終了で、あとはEye-Fiカードをカメラにセットして撮影すれば、iPad Miniにデータが自動転送されるとのこと。
a0191069_15272874.jpg

早速、RAWデータ用とEye-Fi Mobileカードをセットして何枚か撮影してみましたが、iPad Miniには「カードとの通信を待機中」という表示が出たままで、いくら待ってもデータが届きません。

とりあえず、D7100の方もマニュアルで確認してみましたが、Eye-Fi関係のセッティングに問題はありませんでしたので、Eye-Fiのサイトで確認してみると、どうやらiPad Miniの設定で、Wifiの設定を「Eye-Fi Card ########」に変更する必要があるみたいで、D7100の電源を入れて少し待つと、iPad MiniのWifiネットワークの一覧に、Eye-Fi Card ########というのが表示されたので、こいつを選択してやると、これまでに撮影したデータがiPad Miniに無事転送されてきました。

転送されたデータは、iPad Miniの写真アルバムに新しくできた「Eye-Fi」というフォルダーに保存されるみたいです。
a0191069_1527838.png

これで、セッティングは無事終了。D7100で撮影したデータは自動的にiPad Miniに転送できるようになりました。
a0191069_15252915.jpg

家の中ではiPad MiniのWifi設定が家庭内の無線LANを優先して接続されてしまうため、撮影のたびにWifi設定からEye-Fi Cardをセレクトする必要がありますが、撮影現場では自動的に検出してくれるんだろうと思います





写真(全般) ブログランキングへ

↑↑↑ ランキングに参加中です! よろしければ、クリックお願いします。
[PR]
# by hnphoto | 2014-02-17 16:16 | Equipment

大雪の週末

関東では2週続けて週末に大雪警報が出るという異常気象。雪国に属する長野では、今年は雪が少ないというのが実感ですが、今週末はドカ雪となり各地で気象記録が更新されているみたいです。

朝から家の周りの雪掻きに追われ、昼前には平成18年豪雪以来、8年ぶりとなる屋根の雪下ろしも出動しました。

午後になって雪が少し小ぶりになったので、カメラを持って外に出てみたけど、道路脇に積まれた大量の圧雪とツルツルの路面に行く手を阻まれて、早々に退散してきました(°°;)
a0191069_16451897.jpg
■ FUJI X-E1 + XC50-230 ■



写真(全般) ブログランキングへ

↑↑↑ ランキングに参加中です! よろしければ、クリックお願いします。
[PR]
# by hnphoto | 2014-02-15 16:48 | Snap


長野市在住の駆け出しカメラマン仁部英樹のフォトダイアリーです。撮影や機材のことを中心に、興味がある商品や欲しいものなどについて書いています。撮影のご依頼は下段のリンク集よりご連絡をお願いします。


by hnphoto

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
Photo
Works
Portrait
Snap
Equipment
Memo
apple
Pet
Daily
未分類

タグ

フォロー中のブログ

from our Dia...
ヒカリチュウドク
ぽげろぐ
のんたんのデジタルな風景
Ever Green
プラハなchihua**hua
 アルビレオの 雑記帳
日常の風景のなかに++
写真家 海老原 勇人
おれのほそ道
*Monochrome+...
猿画堂撮影機材室
- 光景彡z工房 - ◇...
ライフノート
写真家・相原正明のつれづ...
ドローンと一緒・okoの...
day after day
モダンティーク
blackeyes ph...
DIGITAL PHOT...
Yoshi-A の写真の...
day by day
foto sérénade
恋するファインダー / ...
エクランの撮影日記
slow life-annex
ドラマチックカメラ
ぴーたんの美味しい毎日 ...
BOSO写真家 重田 吉...
フォトグラファー上田晃司の日記
プラハExpression
薄れかけた記憶はボクのタ...
【旧】写真とカメラとレン...
ego.
下手の横好き
HarQ Photogr...
旅先の風景
shindoのブログ
Final Impres...
39medaka
広島HDRじゃけぇ!
Capu-photo D...
Ryo,Onodera ...
addict to ASUKA
福岡ぼちぼちフォトライフ2
Fresh Breeze
新・電脳物欲王
日々!
ASPHERICAL W...
徒然なるままに
Colors of Se...
ハルの写真通信

リンク集

以前の記事

2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月

検索

ライフログ


カールツァイス Touit 2.8/50M(FUJIFILM Xマウント)


FUJIFILM フジノンXFレンズ F XF56MMF1.2 R


FUJIFILM フジノンXFズームレンズ XF55-200mmF3.5-4.8RLMOIS


FUJIFILM デジタルカメラ X100S 1630万画素 F FX-X100S


FUJIFILM テレコンバージョンレンズ TCL-X100S シルバー


FUJIFILM フジノンズームレンズ XF10-24mmF4 R OIS


FUJIFILM XFレンズ FUJINON F XF23mmF1.4R 単焦点 広角


OLYMPUS デジタルカメラ STYLUS 1 28-300mm 全域F2.8 光学10.7倍ズーム ブラック STYLUS-1 BLK


SIGMA デジタルカメラ DP3Merrill 4600万画素 FoveonX3ダイレクトイメージセンサー F2.8


Godox V850 リチウム電池内置 スピードライト リチウムイオンカメラフラッシュ


Godox AD-360セット Speedlight デジタル一眼レフ用 フラッシュ・ストロボ 360WS 高出力、スピードライト!


作って楽しむ信州の保存食


作って楽しむ信州の漬物〔増補改訂版〕

その他のジャンル

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

最新の記事

RX100の不具合
at 2014-07-30 13:49
Fitbit Zipを購入
at 2014-06-17 08:53
E7系
at 2014-05-25 21:06
Lunch Time
at 2014-05-04 20:06
オールドレンズの描写
at 2014-05-03 16:27

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

写真家
カメラ

画像一覧